« 日本マドンナ「生理」 | トップページ | 高見澤宏さん(ダークダックス) »

ジェリー・ラファティーさん

日本では、ジャパンの元ベーシスト、ミック・カーンさんの逝去が多くの洋楽系サイトなどで報道されてます。このスコットランド出身のラファティーさんは日本での知名度が低いようですね。僕も、70年代後期の一時期ぐらいしか、彼の音楽には触れてなかったかもしれません。

ポピュラー音楽や全米チャートの情報を寄せてくださっている、某音楽ソフト通販サイトのメルマガで、2011年1月4日(現地時間)、イングランドの、ボーンマスの自宅で亡くなったことを知りました。63歳でした。以前からアルコール依存症に悩まされていて、最近は肝臓の重い病にも冒されていたようですね。

個人的には、スティーラーズ・ホイールなどの在籍時代の曲はほとんど知らず、「スタック・イン・ザ・ミドル・ウイズ・ユー」をたまに耳にするくらいです。やっぱり、彼にとっての最大のヒット曲でもある、「霧のベイカー街」が一番好きですし、印象に残っています。

この「霧のベイカー街」、一説によれば、彼の大道芸人時代のころの心情を歌っているようです。


こちらは、スティーラーズ・ホイール時代のヒット曲「スタック・イン・ザ・ミドル・ウイズ・ユー」。

彼の作った、あるいは演奏した楽曲は、やはり、歌詞がわからないと、その本質をつかめないでしょうね。英語に疎い僕ですが、こちらのサイトなどを拝見して、今さらながらその思いを深めました。

どうか、安らかに。

彼の逝去を伝える、BBC NEWS(英語)

Amazon.co.jp:Gerry Rafferty

Amazon.co.jp-MP3ダウンロード:Gerry Rafferty

Amazon.co.jp:Steelers Wheel

Amazon.co.jp-MP3ダウンロード:Steelers Wheel

・CD:

・MP3ダウンロード:

|

« 日本マドンナ「生理」 | トップページ | 高見澤宏さん(ダークダックス) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして♪

いやぁ、この訃報、なんとも驚きっす…

日頃から、彼のハンブルバムズ時代や最高な1stソロを愛聴していたもので…ふぅ

ミック・カーンといい、ピート・タウンゼントの「ロックよ、長生きしろよ」が身にしみる今日この頃っす…R.I.P.

それではまた♪

投稿: へどろん | 2011年1月 9日 (日) 22時03分

コメント、ありがとうございます♪

本文にも記しましたとおり、「霧のベイカー街」前後の曲ぐらいしかわからないので、89年に出たベストCDしか持っていませんので、今後、もっと視野を広くしていきたいと思っています。

ジャパンは日本でも人気がありましたね。僕は現在まであまり注目していませんでした。ミック・カーンはフレットレス・ベースを使っていたことも知らなかったぐらいですから。それを聴いたこともあり、聴く機会をつくりたいな、と思っています。

投稿: ア太郎 | 2011年1月13日 (木) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70899/50508635

この記事へのトラックバック一覧です: ジェリー・ラファティーさん:

« 日本マドンナ「生理」 | トップページ | 高見澤宏さん(ダークダックス) »